スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[MUSIC] ASIA と RUSH

気になる音楽について書いていってみよう。
レビューみたいなことはしない(できない)。
演奏の分析とか歌詞の分析とかできないし、する気もないし。
なんとなく聞いて思うあたりを書いてみる。

で、大御所2バンドの新作を購入したので。
ASIAとRUSH。
60歳前後の方々とは思えないパワフルさに思わず・・
応援の意味も込めて聞き始め時点での感想。


asiarush.jpg
「XXX/ASIA」。
60過ぎのおっさん(じいさん)共かよ、ホントに。
1曲目、"Tomorrow the World"から飛ばすなー。
ウェットンとカール・パーマーで走り出して、
ジェフの”パー、パー、パパパー”ってリフ(コテコテで笑みがw)、
”アー、アー”ってコーラス、
ハウの要所要所の少しずつ変えてくる繰り返しのフレーズ、
ASIAだなー(w)って感じ。
この曲が聞けただけでも満足かも。
邦題から受けるような「1st ASIA」回帰なのかっていうとなんか違うかな、
「ALFA」っぽいかもって感じかな。
ハウのギターが聞きたい身としては、もう少しギターの音を
あげて欲しいけど、こういうのが「ALFA」っぽく感じるのかな。
10曲というのはちょうどいい感じ(ボーナストラック除く)。
「Phoenix」や「OMEGA」よりは初期のASIAっぽく聞けるかも。
ジャケットアートワークも如何にもロジャー・ディーンっぽくて、
これも「ALFA」の続きって感じで良い。 回顧厨だなぁ。(笑)

− 追記 −

しばらく聞いてみたら、後半の楽曲は1stに近い印象。



「CLOCKWORK ANGEL / RUSH」
RUSHはなんでもかんでも聞いているわけではないけど、
久しぶりのコンセプト・アルバムってことで、思わず手が出た。
真っ赤な煙にルーン文字(?)の時計が浮かんでる意味ありげなジャケット。
なんだろう。もはやプログレって感じではないように思うんだけど、
他にカテゴリないなー。
ハードで巧みなアンサンブルを奏でる演奏に物語性がある。とかなんとか。
今回はストリングスのゲストがいるみたいだけど、
基本的にセカンド・アルバムからの3人のメンバーで作り続けてるんだからすごい。
それでも進化というか、止まらないんだなぁ。
これを聞いた後に「MOVING PICTURES」を聞いても違和感や古さを感じないってのも
改めて考えるとすごい。
(「2112」くらいまでいっちゃうと、ゲティの声が受け入れられないって人が増えそう。)
あ、内容の説明にも、宣伝にもならないなw
ゲティの声がおちついて(?)、初期のアルバムに比べると聞きやすいと思うし、
RUSHらしさが堪能できると思う。


聞き込んだ後にどうなるかな。
ずっと聞き続けるアルバムに加わりそうな予感の2枚。



XXX~ロマンへの回帰 / ASIAXXX~ロマンへの回帰 / ASIA
(2012/06/20)
エイジア

商品詳細を見る



Clockwork Angels / RUSHClockwork Angels / RUSH
(2012/06/12)
Rush

商品詳細を見る

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。